MENU

ただの寒気と思わないで!二日酔いで寒気が起こる原因と注意点

二日酔い 寒気

 

二日酔い時に代表される症状は、頭痛や吐き気、さらには下痢ですね。

 

これらは、かなりの不快感を感じてしまいますよね?

 

しかしたまに寒気をもたらす場合があります。

 

二日酔いの時に寒気が起きるのはどうしてなのでしょうか?

 

 

寒気が生じる原因

 

二日酔い 寒気

 

二日酔いの時に発生する寒気は、血管の拡張が原因だとされています。

 

アルコールは血管を拡張して、血液の流れを活発化させてくれるのです。

 

そのため寒い夜などにお酒を飲むと、体がポカポカと温かくなるんですね。

 

スポンサーリンク

 

寒い地域ではお酒が欠かせないというのも、アルコールのこうした機能が大きく関係しています。

 

さて体温が上昇すると体は生命維持をするために、熱を外に放射します。

 

暑い夏の日に外で運動をすると大量の汗がでますよね。

 

汗を出すことによって、体温を一定に保つ働きがあるのです。

 

 

体内の熱を外に放射する

 

二日酔い 寒気

 

しかしお酒を飲んでいるときは、運動をしている訳ではありませんよね?

 

ですが、アルコールの血管拡張の効果によって体としては体温が高くなっていると認識して、熱を外に放射することを考えます。

 

しかしそれはアルコールによる作用なワケですから、体から体温を急激に奪われてしまうので、寒気が襲ってくるのです。

 

 

急性アルコール中毒でも寒気が起きる

 

二日酔い 寒気

 

お酒を飲むことで寒気が襲うもうひとつの原因もあります。

 

それは急性アルコール中毒です。

 

二日酔いとは少し意味合いが異なるのですが、血中アルコール濃度の値が急激に上昇することで、中枢神経の動きが鈍くなります。

 

スポンサーリンク

 

すると体温を調節する役割も機能しなくなり、寒気を引き起こし体温が下がっていくことが懸念されているのです。

 

急性アルコール中毒の疑いを持つべきポイントとして、「寒気」があるかどうかが挙げられます。

 

 

体調不良に要注意

 

二日酔い 寒気

 

二日酔いの際でも、急性とまではいかないでも、血中アルコール濃度が高まっている可能性はあります。

 

その際に心配なのが、体の体温低下による体調不良です。

 

体温が低下すると免疫力も弱くなるので、外部からの細菌ウイルスに感染しやすくなります。

 

さらにお酒を分解するために肝臓が一生懸命に働いており、細菌などをやっつけるほうに十分な力を発揮してくれなくなります。

 

寒気そのものも厄介ですが、そこから引き起こされる症状にも注意が必要なのです。

 

 

「ただの寒気」と思わないで!

 

二日酔い 寒気

 

二日酔いで寒気が発生する原因について、見ていきました。

 

ちょっとややこしい部分もあるので、ここで簡単にまとめてみますね。

 

  1. アルコールは血管を拡張する
  2. 血管の拡張により、体温が上昇
  3. 体の生命維持が働き、体温を下げるため熱を放射
  4. アルコールの影響で体温が高かった為、アルコールが抜ければ急激に体温が低下して寒気を起こす
  5. 肝臓がアルコール分解で手一杯で、細菌やウイルスの除去にまで手が回らない
  6. 結果的に、二日酔いの寒気は風邪を引きやすい

 

二日酔いによる、寒気は「ただの寒気」とは思わず、しっかりと対応をする必要があります。

 

生姜湯など、体を温める飲み物を飲んで、体を温めて安静にしましょう。

 

二日酔いの寒気から、風邪をこじらせるケースは非常に多いので、十分に注意してくださいね。