MENU

二日酔い解消に風呂は絶対禁止!体の負担が大きいことが判明

二日酔い 風呂

 

頭が痛く、気持ち悪い。下痢や腹痛も生じている・・・。

 

二日酔いになると、1日を無駄にしてしまうほどにツラいですよね?

 

そんな二日酔いですが、民間療法が多く伝わっており、中には「お風呂に入ると良い」なんてことも言われています。

 

しかし最近は、お風呂に入ることは二日酔いに効果的ではないという指摘も増えているのです。

 

一体どっちが本当なのでしょうか?

 

 

二日酔いに風呂は逆効果

 

二日酔い 風呂

 

二日酔いでダルい頭をシャキっとするために、風呂に入ると良いと言われていますよね。

 

できれば熱いシャワーを浴びるて交感神経を刺激させ、頭の回転を良くし血流を活発にさせて肝臓の機能を高めるのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし最近は熱い風呂やシャワーは二日酔いを治すどころか、さらに悪化すると考えられています。

 

全く医学的根拠に欠ける説であったワケですね・・・。

 

二日酔いが悪化する原因としては、以下のような点が挙げられています。

 

  • 発汗作用を促進させる
  • 心臓への負担が高まる

 

これらの理由について、詳しく見ていくことにします。

 

1:発汗作用を促進させる

 

二日酔い 風呂

 

アルコールを肝臓が分解するには、大量の水分が必要です。

 

お酒を飲んだ後にをカジリついたり、を飲みたくなるのは体が脱水状態だから。

 

二日酔いでもその状態は残っているので、消費される水分を補う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

それなのに、熱い風呂に入りでもしたら、発汗が促されて体内の水分が余計に減ってしまいます。

 

これは体内への負担をさらに高めることになりますので、絶対にやってはいけない行為です。

 

 

2:心臓への負担が高まる

 

二日酔い 風呂

 

体内の水分が少ない状態というのは、心臓への負担も高めます。

 

もし風呂に入るのであれば、ぬるいシャワーか、ぬるま湯における半身浴のほうが良いと考えられているのです。

 

熱い風呂やサウナ、さらには冷水を浴びるというのは心臓への負担を急激にかけるので自殺行為そのもの。

 

体内のことを考えると、水分をさらに失ってしまう熱い風呂に入ることは禁止なのです。

 

 

二日酔いと風呂の相性は悪い

 

二日酔い 風呂

 

そう考えてみると、公衆浴場などでは「お酒を飲んでいる人は入らないで」と注意書きがされていますね。

 

お酒を飲んだ直後に入るのは、体に負担がかかると理解は進んでいます。

 

しかし二日酔いになると、何故か「風呂が効果的」と逆の発想になってしまっているんですね。

 

昔からの習慣という部分が大きいようですが、少し考えてみれば危険な状態に変わりはありません。

 

二日酔いの時は風呂に入らず、大量の水分と肝臓の機能を高める栄養を摂取して安静にしているのが一番です。

 

 

このように、二日酔いと風呂の相性は最悪であることが分かります。

 

血中アルコール濃度が高い状態ですし、肝臓がアルコール分解に一生懸命になっている状態が、まさに二日酔いなわけです。

 

体にこれ以上の負担をかけないためにも、二日酔い時の風呂は控えましょう。