MENU

お酒を飲む前に食べる!カレーが二日酔い予防に効果的な理由

二日酔い カレー

 

二日酔いをいかに早く治せるかは、貴重な時間を無駄にしないためにとても重要です。

 

そこで最近話題になっているのが「カレー」を食べることで、二日酔いを治してくれるという話ですが、ご存じでしょうか?

 

相性的には悪そうに思われる両者ですが、本当に効果的なのでしょうか?

 

 

肝臓機能を高めることが二日酔い防止に有効

 

二日酔い カレー

 

アルコールが体内に入ると、それを肝臓が分解をします。

 

しかし肝臓は瞬時にアルコールを分解が出来るわけではなく、時間をかけてゆっくりと行っていきます。

 

スポンサーリンク

 

処理しきれなかった分があると、それが二日酔いという形で次の日に現れるのです。

 

ですので、肝臓の機能を高められれば、二日酔いになりにくい状況を作り出せるという訳。

 

 

ターメリックが肝機能を高める

 

二日酔い カレー

 

肝臓の機能を高める成分は色々とあるのですが、その中で注目されているのが「ターメリック」です。

 

ターメリックは肝臓の疲れを癒して促進させ、さらに健康を保ってくれる役割を担っています。

 

スポンサーリンク

 

このターメリックは、名前だけ聞いたらよく分かりませんよね。

 

実はコレ「ウコン」の主成分なのです!

 

ウコンといえば、お酒を飲む前に摂取することで二日酔いになりにくいとして、宴会シーズンなどではテレビCM等でもお馴染みですよね。

 

そのウコンの力を発揮してくれるのが、ターメリックなのです。

 

 

ターメリックはカレーにも含まれている

 

二日酔い カレー

 

ウコンの主成分だというターメリック。

 

実はカレーにも豊富に含まれていることをご存知でしょうか?

 

様々な食材が入っており健康に良いとされるカレー。

 

刺激物ですから二日酔いになってから食べると逆効果になるので、その点に関しては注意が必要ではあります。

 

 

お酒を飲む前にカレーを食べよう

 

二日酔い カレー

 

二日酔いを防ぐためにカレーを用いるというのが適切な方法です。

 

食べるタイミングはいつ頃になるのでしょうか?

 

カレーを食べるのはお酒を飲む直前が良いとされています。

 

しかし、お酒の席でカレーを注文できないですよね・・・。

 

そこで昼食時にカレーを食べておくことをオススメします。

 

昼食時にカレーを食べても、肝臓の機能を高める効果は続いていますから、お酒を飲む時には良い効果が期待できるでしょう。

 

 

二日酔いになってからでは遅い

 

二日酔い カレー

 

さて、ここまで二日酔いに効果があるとされる「カレー」について、詳しく紹介していきました。

 

効果があるのか、それとも逆効果なのか、ちょっとややこしい部分もあったので、少しまとめてみますね。

 

  • 二日酔い防止には、肝機能を高める必要がある
  • カレーにはターメリックが含まれている
  • ターメリックは「ウコン」の主成分で、肝臓の働きを強化してくれる
  • 二日酔いのときにカレーは逆効果
  • 食べるならお酒を飲む前の昼食時が理想

 

つまり、カレーは二日酔いになってから食べるのではなく、お酒を飲む前に食べておくのが理想なのです!

 

 

お酒を飲む機会が多く、肝臓が疲れているなと感じているならカレーを食べてみていはいかがでしょうか?

 

お昼に食べても、24時間ターメリックが体内に蓄積されているので、効果は長続きします。